この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


 
こんにちは、このかです。
 
ここ数年、猫ブームですね。
 
数か月前に飼っていたうさぎを亡くして、また、動物と暮らしたいなって娘と話をしていたんですね。それで、今度は他の動物にしようかという話になって、猫カフェに行ってみたんです。
 
私は、実家で犬は飼っていたけど、猫は飼ったことがないので触れ合ってみたかったのでした。そして、駅前に、結構きちんとした猫カフェがあったので、試しに行ってみました。
 
そうしたら、すごくかわいくて~!
しかも、その猫カフェは、漫画喫茶か?というぐらい、旬の漫画もいっぱい置いてあって~!
 
ほとんど漫画ばっかり読んでいましたが、猫ちゃんと同じ空間で癒されたのでした。
 
いや、だって、「進撃の巨人」とか「銀魂」とか「亜人」とか「ハイキュー」とか、最新刊まであるんですよ。(うちにもあるのが多いけど)
 
おおおおおおおおっ!って感じですよ。
 

 
結局、我が家は、もう一度、うさぎを飼うことに決めたのですが、猫カフェが楽しくって会員になっちゃいました~!
 
漫画の続きも読み放題だし・・・(←これも大きな理由)
 

スポンサーリンク

猫カフェの猫ちゃんたちは、セレブ猫だった

 

 
駅前の猫カフェの猫ちゃんは、ブランド猫ばかりで、びっくりしました。
しっかり飼い主さんがいて、週に数回パートでお勤めしている猫ちゃんたちのようでした。
 
みなさま、毛並みもつやつやで美しい・・・
 
マンチカンとかアメショーとかアビシニアンとか、女王様みたいな猫ちゃんばかりで「おおおっ!」ってなりましたよ。

 

 
こちらの猫ちゃんは、ちょっと画像が暗くて分かりにくいですが、オッドアイで、目の色が、金色とブルーなのでした。
 
思わず「陛下~」とお呼びしたくなるほど。
民を見下ろされております。
 
色違いの目の猫は、江戸時代は「金目銀目」と呼ばれていて、商売繁盛の縁起の良い猫と思われていたのですよ。

 

 
さっきのお方です。
この画像は、色が分かりやすい・・・
左目のブルーが、すっごく美しいです。「外人や~!」
 
上で寝てるのは、アメショーかな、この子、かわいいです。
私は、こういう子が好みですね~♪
茶トラとかキジトラみたいな、昔からいる「猫」って感じのが好きです。
 
でも、今までちびウサギばっかり見ていて、猫に免疫なさすぎたので、「猫、デカ―――ッ!」と思いました。↓

 

 
そして、近寄ってきてくれたからなでなでしようとしたら、「そこじゃない」と尻尾ではたかれちゃいました。Σ( ̄ロ ̄lll)
 
ああ、うさぎとは、気持ちいいツボが違うのね、すんません・・・(汗)
 
猫ちゃんは可愛かったけれど、ちょっと賢くて手ごわそうです。
やっぱり、わが家はうさぎかなぁと、落ち着いたのでした。

 

スポンサーリンク

そんな我が家には、うさぎグッズがいっぱいあります。
でも、猫ちゃんも好きなので、猫グッズもあります。
 
猫グッズのほうが、和物がいっぱいありますね。
私の一番お気に入りの猫グッズは、「ふろしき」なんですよ♪
 
包むというより、絵みたいにタベストリーとして飾れるのでした。
 

 
「四季の和の風景」と猫ちゃんのシリーズです。
こんな感じで、季節毎に12枚あるから、簡単に季節感を出せます。

  ↓ ↓

 

でも、私のお気に入りは、この春の桜の一枚なのです。
 
この道がね~、清水坂を上から降りてくる感じ(猫ちゃんは下から登っている)に似てると思うのですよ。清水坂は、最近、いっつも混雑しているので、こんな風に静かに歩けたら素敵だなーと思うのです。

 

やっぱり午後は、お昼寝タイムよね♪

 
 
私たちは人が多いのが嫌なので、ほとんどお客さんがいない時間帯を狙って、平日の午後2~3時に行きます。
 
でも、その時間って、人間も眠くなる時間帯ですよね~。
猫ちゃんたちも、お仕事する気なしです。

 

 
あの~~、すみません、座椅子をお借りしたいのですが。
 
いえ、いいんですよ、ごゆっくりお休みくださ~い。
この猫カフェは、猫さま優先で、いい感じなのです。
 
おそらく、漫画を置いているのも、猫に意識を向けすぎないためでしょう。
小さい子供は入れませんし・・・ね。

 
 

 
あれれれれ?
こっちも、こんな感じ?
 
なんで、「ポンジュース」やねん・・・

 

 
おおおおおっ、気持ちよさそう~~♪
爆睡してます。(´▽`*)
 
こんな猫ちゃん、見てるだけで幸せのおすそわけをもらった気分ですよ。
うさぎは、爆睡しませんからね。目、開けて寝てるときも多いし・・・
 
こんな光景見ながら、ワンドリンクつきで漫画読み放題、凄いじゃないか!
 
また、空いてる時間に、お邪魔しまーす。

 

猫はかわいかったけど、やっぱりこれにしました

 

 
猫ちゃんたちは、とってもかわいかったけど、家で飼うのは、またまたうさぎにしました。
 
前の子と同じネザーランドドワーフの色違いの男の子です。
同じお里(ブリーダー)の子なので、血がつながっています。
この子のおじいちゃんが、前の子と兄弟なのでした。
 
でも、顔立ちも性格も全然違って、おもしろいです。

 

スポンサーリンク