この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。


 
2017年の夏の夜のイベント花火。
 
日本で花火ができたのは、火薬が伝わった戦国時代ごろだそうです。
火薬が娯楽に使われるようになった江戸時代には、「玉屋」「鍵屋」という江戸の2大花火師が出て、一世を風靡しました。
地方では、大名が中心になって花火大会をしていたそうですよ。
 
現代でも、花火大会は、夏の風物詩となっていますね。
 
関西でも、いくつかの大きな花火大会が開催されます。
その中でも、このびわ湖の花火は、格別ですよ。
びわ湖は海のように広いので、高層ビルなどで視界が遮られることがありません。
自然豊かなびわ湖の花火は、昔ながらの日本情緒あふれる美しさが楽しめます。
 
でも、年々、人気が増して、花火が見られるところはどこもすごい混雑、行きも帰りも大渋滞です。残念です。
 
私は、結婚後2年ほど大津のお隣・草津市に住んでいたことがあります。
滋賀は、車で移動するのが基本なのです。ですから、花火大会も、多くの方が車で見に来ます。
つまり、花火大会終了直後の主要道路は、ぜーんぶ渋滞するというわけです。
 
今回は、多少費用がかかってもゆったり見たいという、私のような人におススメの鑑賞スポットもご紹介しますよ。
 
そして、せっかくなので、古い歴史を持つ大津という町についても、お伝えしたいと思います。(´・ω・)

 

スポンサーリンク

びわ湖大花火大会2017年の日程と概要

 

 
     ↑↑↑
「びわ湖花火大会」の打ち上げです。
高いビルに視界をさえぎられないところが、素晴らしいですね♪

 

日時
  2017年 8月8日(火曜日)
  19時30分 〜 20時30分
  (小雨決行。荒天の場合は8月11日(金)に延期)
  
★場所
 滋賀県大津港沖水面一帯 
 
★打上玉数
  約10,000発
 
★例年の人出
  約35万人

びわこ花火大会では、例年、「有料席」が販売されます。
 
約16,000席が、滋賀県営大津港管理用通路や修景緑地などに設置されます。
そして、「前売券」「当日券」があります。
 
例年どおりなら、前売券は3,800円で、当日券は4,300円(3歳以上の子供は同一料金で有料)です。
 
前売券は、7月1日から「滋賀県観光物産情報センター」などで発売予定です!
また、「チケットぴあ」などで、買うこともできます。
 
当日券は、売り切れ次第終了なので、、お気をつけください。

 

古都・大津~大津の歴史を想う

 

 
大津は、たいへん古い歴史のある町です。
 
京に都ができるずっと前、「大化の改新」の後、天智天皇が、この地に都を移し、大津京ができたのがはじまりです。
 
「大津」という地名も、そのときに誕生します。
 
その後、平安時代には、大津市の山中、都の鬼門に当たる場所に、最澄「比叡山延暦寺」を開きますした。滋賀の神社仏閣の数は、今も京都を上回るのですよ。
 
比叡山延暦寺は、織田信長に攻められるまで、ただのお寺ではなく、政治・経済(通商)・軍事拠点として大きな力を持つ一大勢力でした。
 
戦国時代、琵琶湖の畔には、多くのドラマが生まれます。
尾張出身の信長が京の都へ向かうには、近江(滋賀県)を押さえる必要があったからです。
 
大津には、「比叡山焼討」の実行部隊だった明智光秀坂本城、豊臣秀吉が築き京極高次が任されていた大津城がありました。京極家は、室町時代からの名門バサラ大名で、高次の正室は、高次の従妹で「浅井三姉妹」の次女・初(淀殿の妹)です。
 
岐阜県で行われた「関ケ原の戦い」の際、ここ大津でも戦いがありました。
それが「大津の戦い」と呼ばれる、東軍・京極高次と西軍連合軍(毛利・立花など)との戦いです。
 
東軍に寝返った京極家の大津城は、毛利隊・立花隊など西軍15,000の兵に囲まれます。
 
大津の城は、平城で籠城に不向きという地形的欠点がありました。
それに、籠城した兵は3,000、多勢に無勢で落城は時間の問題でした。
 
高次は、残すは本丸のみというところまで持ちこたえましたが、どうとう降伏します。しかし、その日は9月15日、まさに「関ケ原の戦い」当日だったのです。
 
高次が、ここ大津でぎりぎりまで西軍の大部隊を足止めしたことを、後に家康は高く評価します。そして、高野山に上り出家していた高次を大名に復帰させ、領地を大幅加増させたのでした。
 
大津城も坂本城も、今は失われていますが、多くの古人たちの浪漫が感じられる素敵な場所です。

 

スポンサーリンク

ゆったり鑑賞おススメは、びわ湖大津館

 

           【出典元】.wikipedia
 
多少費用がかかっても、ゆったり花火鑑賞をしたい、そんな人に私がおススメするのがは、びわ湖大津館です。
 
城郭のように美しい外観のびわ湖大津館は、「湖国の迎賓館」とよばれます。
 
ここは、以前、格式ある琵琶湖ホテルの本館でした。昭和天皇を始め多くの皇族の方々やヘレン・ケラー、川端康成など、多くの著名人が宿泊したことで知られます。
 
その芝生広場に、特別観覧席(パイプ椅子)が設けられ、花火鑑賞をできるのです。ここからは、びわ湖大花火大会の2カ所の打ち上げ花火を同時に見られます。
 
発売日は、7月1日からで、食事付きのプランと観覧席のみのプランがあります。
 
特別観覧席のみの購入は、前売り1人3,600円、当日4,000円です。
席数は、全席2,000で、申し込み順に前列からとなり、座席指定はできません。
当日券は、残席がある場合のみです。
 
お食事付きプランは、
 
●お弁当コース(10,000円)
 ウッドテラスでお弁当とワンドリンク、食事後そのまま花火鑑賞
 
●特製弁当コース(15,000円)
 多目的ホール「桃山」で特製弁当の食事後、観覧席に移動して鑑賞
 1~3列目の観覧席券つき
 
●レストランコース(15,000円)
 コース料理(フレンチ)
 レストランで食事後、観覧席に移動して鑑賞
 
があります。(2016年度)
 
会場内には、花火大会の日は屋台が出ますので、特別観覧席のみの購入でも、十分楽しめると思いますよ。
 
ゆったり優雅に花火鑑賞をしたい方に、おススメです。

 

【所在地】 〒520-0022 滋賀県大津市柳が崎5−35
【時間】 9時00分~22時00分
【電話】 077-511-4187
【電車】
JR大津京駅から徒歩約15分
京阪・近江神宮前駅から徒歩約15分
【車】
国道161号線 柳が崎交差点を東(琵琶湖側)へ
当日は無料駐車場(15:00開場)がありますが150台限定のため、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

 

車で行くなら比叡山トライブウェイ

 

 
比叡山からは、大津の町・琵琶湖の景色が一望できます。
 
比叡山ドライブウェイの「夢見が丘駐車場」は、かなり高台に位置するので、見晴らし抜群ですよ。
 
ドライブウェイは有料道路ですが、大自然の中に浮かぶ花火の美しさは格別でしょう。
 
でも、年々人気が高まり、ゆったり風情を楽しむゆとりはありません。
132台駐車できますが、最近は、午後2時には「満車」になってしまいます。
 
そして、花火大会当日の駐車は、1台5,000円の料金がかかります。
(通常は、駐車無料ですよ。)
 
午後2時に着くと、花火の打ち上げ時間までだいぶあるので、暇つぶしになるものを用意しておいたほうがよいですね。
 
カフェテリアはありますが、そんなに広くありません。
帰りも、もちろん大渋滞になりますから、余裕のある方におススメします。

 

おわりに

 

 
びわ湖花火大会は、たいてい会場には「車」で行くので、どの場所も、花火終了直後は大渋滞します。
 
早めに到着して、人気のエリアの駐車できても、帰りの規制にあい、午後10時頃まで出庫できないという場合もありますよ。
 
折角の楽しい花火大会です。
イライラしてしまっては台無しなので、帰りのことも考えて、駐車場所を選びましょう。
 
周辺の一般道路は、毎年大渋滞しますよ。

 
 

スポンサーリンク