この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
こんにちは。
 
最近、眼精疲労がひどくて、とにかく目がしょぼしょぼして大変な私です。
 
目の調子が悪いのは、もう何十年も慢性的なことなので、ほとんとあきらめていますが、最近、ほんとに目を開けてられないほどまぶしいのです。
 
ドライアイが悪化してるんだろうなあ。
サプリは、ルテインもブルーベリーもいろんなメーカーのを試してず~っと飲んでるけど、効果を感じたことはないです。(でも、気休めでもと思って飲み続けている。)
 
ちなみに、私は、スゴイ近眼です。
朝起きたら、まず手探りで眼鏡を探さなければ、次の行動に移れません。
 
裸眼では足元が見えないので、階段を降りることもできません。(手すりにつかまりながら、降りることになります。)
 
パソコンのモニターを見る時間が長いので、眼鏡は、数年前からJINSのPC眼鏡(スクリーン眼鏡)を使っています。
 
JINSってスゴイですね!!!
どんなに「度」が強くても、レンズの追加料金がないんですよ。
初めて作ったときにはあまりの安さに感動しました。
 
なので、うれしくなって今は常時2~3個を使い分けています。
(PCレンズと普通のレンズ)
 
小学4年生の頃からず~~っと遠くが見えない生活をしている私なのに、最近、困ったことに近くも見えなくなってきたのです!
 
いつか失明するんじゃないかと、本気で心配しています。
(無茶しなければ、そんな心配はいらないと眼科の先生に言われましたけど)
 
一般に、老眼かも?と自覚するのは40~45歳がもっとも多いのだそうです。
 
はああああああああ。
ちょうどその年代じゃん。
 
私は更年期の自覚はなくて、このままアラフィフになってもがんばるぞって思っているのですが、老眼は免れそうもありません。

 

スポンサーリンク

老眼になったと思ったら

 
私の場合37~38歳のとき、コンタクトレンズを入れたときに、アレッ?と思ったのが始まりでした。
 
眼鏡のときは普通なのに、コンタクトレンズにすると、作文で原稿用紙にペン入れするとき焦点がはっきりしない!!
 
疲れ目かなあと思っていたのですが、コンタクトのときだけなので、なんでかな?と気になっていました。
 
それで、年に1度の緑内障検査のとき先生に聞いたら、
 
「あ~、それ、老眼だよ♪」と、一言・・・。
 
コンタクトのほうが眼鏡のときより視力が良くなるので、際立つのだそうです。
当時は30代だったので、まさかって感じでしたよ。
 
ちなみに、私は左目が極度の近視のため「緑内障の疑いあり」で、年に1度視野検査を受けています。緑内障は眼圧の影響で起こるものと思われがちですが、強い近視の場合、眼圧が正常でも起こることがあります。
 
強い近視で気になる方は、一度、眼の検査を受けてみるとよいですよ。
いったん欠けてしまった視野は、今の医療では、回復する見込みはありません。
 
私は、始め人間ドックで指摘されました。
定期的に目の健康診断を受けている人は、大丈夫だと思います。
 

 

目の健康を守ろう!

スポンサーリンク

 
動物としての「人間」の目は、もともと近くより遠くを見るためのものだったそうです。
 
でも、今の日本では、遠くのものを見ることはあまりなく、パソコンやスマホ、テレビの画面、本や雑誌など、数10㎝からせいぜい2~3mぐらいのところばっかり見る生活をしがちですね。
 
特に、モニター画面は、ブルーライトと呼ばれる、可視光線の中で最も強いエネルギーを持つ光を出しています。
 
この光はすごく強くて、角膜や水晶体を通り越し、網膜を直撃します。
 
網膜は、カメラでいうとフィルムの役割をしているもので、その中心にある黄斑がダメージを受けると、「加齢黄斑変性」という失明につながる病気になりかねないのですよ。

 

スクリーン眼鏡(ブルーライトカット)

 
PCやスマホの画面を1日5時間以上見る人には、ブルーライトカットレンズの眼鏡着用をおススメします。
 
ちなみにお値段は、Jinsの場合、度なしなら3,000円からあります。
度付きの場合は、もとの眼鏡の値段+5,000円になります。
ついでに、老眼鏡でも遠近両用でも、+5,000円で作れます。
 
ブルーライトのカットの程度は、25%、38%、60%と3種類あります。
25%のは、一見普通の眼鏡のレンズと変わらない透明感で、60%のは見るからに黄色いです。
 
かけたら、世界が黄色く見えそう。
 
変な色のサングラスに見えかねないので、着用はPC専用にして、普段は普通のレンズの眼鏡にしたほうがいいかもしれません。
 
ちなみに私は、中間の38%のレンズを使っています。
ちょっと黄色がかっているのが分かりますが、これで外出してもおかしくない程度です。
 
普通のレンズの眼鏡も持っていますが、掛けかえると、すっごくまぶしく感じるので、ある程度光はカットできていると思います。
 
私の手持ちがJinsの眼鏡なのでそこの話をしていますが、zoffなど他のお店でもPC眼鏡は出ているので、いろいろ検討してみてください。
 
目は一生ものなので、無理をさせて故障しないように、大事に使いたいです。



 

遠近両用メガネ・コンタクトもあり?

 

 
先日、生け花教室で、私と同い年の先生(かなりの近眼)が、とうとう「遠近両用コンタクト」にしたという話を聞いて、ちょっとびっくりしました。コンタクトもあるんですね。
 
彼女は、普段から眼鏡をかけず、毎日1日中コンタクトレンズ着用なので、遠近両用も眼鏡ではなくコンタクトなのだそうです。
 
で、購入時の眼科の先生との話を教えてくれたんですけど、結構度数の決め方があいまいなんですね。
 
「遠くの視力を優先するのと、手元の視力を優先するのとどっちがいい?」って聞かれたらしいです。
 
先生は、花を見るのにピントを合わせたいから30~50㎝ぐらいのところと言ったそうなんですけど。ピンとの合わせたいところによって、何段階かの中から選んで決めるらしいです。
 
それで、結構普通に見えるようになったそうなので、コンタクトの人は考えてもよいかもしれませんね。
 
私は、最近は、ドライアイがひどくて、ほとんど眼鏡なので、作るなら遠近両用眼鏡です。
 
でも、眼科の先生は、
 
「40代ならまだそんなに不便ではないと思うし、もうちょっと経って、遠視の度数が安定してから考えるといいよ。」
 
とアドバイスをくれました。
 
パソコン画面を見るときは、なぜかばっちりピントが合っているので、もう少し今のまま様子をみようと思います。

 

 

スポンサーリンク