この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。


 
空が高くなり、屋外で楽しく遊べる季節になりましたね!
 
アウトドア派のあなたは、山に川に海にと、そろそろ行楽計画を立てているのではないでしょうか?
 
バーベキューなどは、春から秋まで、いえ、寒さに負けないあなたは一年中楽しめるでしょう。
 
季節的なイベントとしては、この時期、「潮干狩り」がおススメです。
 
海といえば、夏は海水浴ですが、それまでの間に楽しめる特別なイベントですね。
 
今ではすっかりインドアな私も、小学校低学年のときに、二色の浜でアサリを取ったのを、よく覚えています。
 
大人からすると、ただの貝探しでも、子供にとっては宝さがしのようなキラキラした思い出の一コマになるんですよ!

 

スポンサーリンク

大阪府の潮干狩り場


 
大阪の潮干狩り場は、大阪湾の南のほう、泉州・泉南地域になります。
 
大阪市内から和歌山方面の人まで、日帰りで楽しめますね。
 
1 二色の浜潮干狩り場(貝塚市)
2 はこつくり潮干狩り場(阪南市)
3 淡輪潮干狩場(岬町)

  ↓↓↓


 

スポンサーリンク

兵庫県の潮干狩り場


 
兵庫県の海水浴場も、この時期は、潮干狩りを楽しむ事ができます。
 
大阪北部、京都からのアクセスがよいですね。
 
阪神高速は、特に夕方以降、たいへん混雑が予想されますので、GWにお出かけを考えている方は、お気をつけください。
 
1 的形海水浴・潮干狩場(姫路市)
2 白浜潮干狩・海水浴場(姫路市)
3 新舞子(たつの市)
4 赤穂唐船サンビーチ(赤穂市)

  ↓↓↓


 

アサリの貝毒について


 
近年、アサリについて、気をつけなければならないことがあります。
 
潮干狩りのシーズンが近づくとニュースでも流れますが、アサリには「貝毒」という毒があるのです。
 
特に、大阪の狩り場では、2016年も、アサリに貝毒が確認されていて、潮干狩り場で採った貝を持ち帰ることはできなかったんですよ。
 
でも、触るだけなら全く問題はないので、潮干狩りは楽しめます。
そして、各潮干狩り場では、お持ち帰り用に、安全なアサリと交換してくれますよ。
 
毎年、潮干狩りシーズンの前には、潮干狩り場で貝毒が発生していないか検査が行われるので、潮干狩りに行く前に、チェックしてくださいね。

 


 
 

スポンサーリンク