この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


 
らっきょうって、甘酸っぱくて美味しいって私は思うんですが、私の家族や周りの人は、嫌いな人が多いんですよ。
 
カレー屋さんでも、福神漬けとらっきょうは置いてあると思うんですけど・・・。
 
アンケート調査では、福神漬けを食べる人のほうが、ずっと多いのだそうです。
 
どうしてかなあ?
 
娘は、あの匂いと、しゃりっとする歯ごたえがダメといって食べません。
なんだか、玉ねぎを食べているようで気持ち悪いのだそうです。
確かに、かなり似た品種ですけどね。
 
らっきょうは、昔っから和の薬膳といわれていたほど、体によいのですよ。

 

スポンサーリンク

らっきょうは和薬膳


 
らっきょうは、平安時代に中国から薬用植物として、渡ってきたものでした。
 
玉ねぎやにんにくに近い食べ物で、6~7月に旬を迎えます。
 
この時期に旬を迎えるということは、梅雨や暑気あたりの体調不良時に効果がある食べ物だということですよ。

 

らっきょうの栄養


 
らっきょうは、昔から「畑の薬」として、胸の痛みなどに用いられていのですが、栄養学的な価値は、実はそんなにないそうです。
 
栄養成分をみると、ビタミンやミネラルは少ししか含まれていません。
 
らっきょうの成分の大きな特徴は、独特の匂いの元の硫化アリルです。

 

らっきょうを自分で漬けてみよう!

 
らっきょうを漬けるのは、結構簡単ですよ。
 
浅漬けと本漬けの動画があります。
「浅漬け」から始まり、1:52秒ぐらいから「本漬け」の説明になります♪

     ↓↓↓

 

【材料】
 
根付きらっきょう…1kg
 
水:700ml
塩:150g
水:180CC
グラニュー糖:300g
米酢:カップ2
赤唐辛子:2本
 
【作り方】
 
(1)らっきょうの根と茎を切り落とり、表面の薄い皮を剥く。
 
(2)洗いらっきょうに水700mlに、塩150gを溶かし、2週間塩漬けにする。途中一度、らっきょうの天地をひっくり返すように軽くまぜる。
 
(3)鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩抜きをしたらっきょうを入れて、5秒したら素早くザルにあける
 
(4)水180㏄を鍋に入れ、グラニュー糖300gを入れて溶かす。粗熱が取れたら、米酢カップ2、種を取って輪切りにした赤唐辛子を入れる。
 
(5)保存瓶にらっきょうと(4)の調味液を入れて、ふたをする。
 
(6)1か月ほどで出来上がり。消毒した小さな瓶に分け入れて、冷蔵庫で保存する。

 

スポンサーリンク

らっきょうの健康効果


 

(1)血液サラサラ効果

 
らっきょうに含まれる硫化アリルは、体内でビタミンB1の吸収を高める作用があります。
 
それも通常の7倍にも高めるのです!
すごいですね。
 
これが、血液をサラサラにして血行をよくし、循環器系の機能を正常化する効果をもたらします。
 
また、昔から、らっきょうは、胸(心臓)の薬として用いられていました。
胸が痛んで呼吸が苦しくなる、心臓性嘆息に効果があるといわれます。

 

(2)ダイエット効果

 
ダイエットに関心の高い女性は、私を含めうんとたくさんいますね。
ですから、ダイエット効果のある食品として多くのものが、いつも次々と紹介されます。
 
らっきょうもその1つなんですね。
でも、食べればすぐに痩せられるというような、うれしい効果は期待できないようですよ。
 
らっきょうのダイエット効果というのは、脂肪の吸収を抑える効果が期待できるというものです。ですから、単品で食べるのではなく、しっかり食べる食事のときに一緒に食べるのがよいのですね。
 
でも、その一方で、らっきょうには、夏バテに効果のある食欲を増進させる効果もあります。ですから、食が進むというダイエット中には避けたい気分になってしまうこともあるんですよ。
 
注意が必要ですね。

 

(3)便秘の解消

 
らっきょうは、野菜なので、食物繊維をたくさん含んでいます。
 
らっきょうの食物繊維は、水溶性食物繊維なので、腸内環境を整える効果があるんですよ。

 

(4)ガン予防

 
らっきょうには、ジアリルスルフィドという聞きなれない成分があり、これがガンの発症を抑える酵素の働きを助けてくれるのです。
 
また、らっきょうは殺菌作用が強く、胃がんの原因になるピロリ菌を死滅させ、発症を予防する効果もあります。
 
抗酸化作用が強いサポニンという栄養は、肺ガンや胃ガンの発症を防ぎます。
 
つまり、あらゆガンの予防に、らっきょうは効果が期待できるのです。

 

糖尿病の予防

 
らっきょうに含まれるフルクタンという栄養は、血糖値の急上昇を抑える効果があります。
 
血糖値の上昇が緩やかになれば、糖尿病の予防に効果がありますし、また肥満を抑える働きも期待できますね。

 

らっきょうは1日5粒まで!


 
らっきょうは、疲労回復効果など、夏バテにも効きますが、食べ過ぎると、胃に負担がかかります。
 

おわりに

 
自分でつけると、一度に結構たくさんできるので、小家族や家族の中で食べない人が多い場合は、わざわざ漬けるのものなあと思うかもしれません。
 
市販品を買う場合、これはお漬物全般に言えることですが、保存料やph調整剤などが入っていないか、できるだけ確かめて買ってくださいね。

 

スポンサーリンク