この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。


 
このかは、きなこが大好きです。
 
お餅やお団子だけでなく、あんみつにもバニラアイスにも抹茶プリンにも、どんどんかけます。ほとんどの和スイーツに合うのじゃないかしら?
 
ダイエット効果もあるらしいのですが、そんなのは気にせず、ただただ美味しいから食べています。
 
きなこと日本人との関係は古く、ず~っと昔の奈良時代から食べられていたのだそうですよ。
 
昔から長く食べられている食品は、今も無添加のままのものが多いですね。
美味しいだけでなく、健康にもよいってことです!
 
今回は、そのきなこの効果について、お話しします。

 

スポンサーリンク

きなこは昔からありました


 
きなこの原料の「大豆」は、その昔、五穀(稲、麦、粟、小豆、大豆)の1つとして、とても大切な食料でした。
 
そして、きなこは、1300年以上前の奈良時代に、日本で食べられ始めたそうです。当時は、特に僧侶が「薬」として使用していたそうですよ。
 
「薬」にするほど、健康効果が期待できるということですね。
大豆には、ビタミンB1がたくさん含まれています。
当時は、ビタミンB1不足で脚気(かっけ)になる人が多く、その治療、予防薬として珍重されていたのです。

 

きなこの栄養と効果


 
きなこは、大豆を炒って皮をむき、すりつぶしたものです。
ですから、きなこの効果は、大豆にたっぷり含まれる栄養分の効果なのですね。
 
たんぱく質、脂質、糖質、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど、とっても栄養バランスに優れています。

 

【効果1】美肌効果


きなこには、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが、非常に多く含まれています。
 
また、栄養や酸素を体全体に行き渡らせる働きがあるレシチンや、抗酸化作用のあるビタミンE、天然ポリフェノールも含まれています。
 
肌のうるおいを保つ成分が、たっぷり含まれているのですね。

 

【効果2】骨粗しょう症の予防

 
大豆イソフラボンには、女性ホルモンの減少による骨粗しょう症を予防する働きがあります。
 
また、骨を強くするカルシウムも含まれているので、更年期以降の女性は、特に積極的に摂りたいですね。

 

【効果3】風邪の予防


きなこに含まれる大豆サポニンには、細菌やウィルスから身を守るナチュラルキラー細胞の働きを活発化させる作用があります。
 
免疫力が強化されるので、風邪やインフルエンザの予防になりますよ。

 

【効果4】便秘解消・デトックス効果

 
きなこには、老廃物を体の外に排出する水溶性の食物繊維と、便秘を解消する不溶性食物繊維が含まれます。
 
大豆サポニンには、脂肪の合成・吸収を抑える、また脂肪の分解をすすめる働きがあります。
 
また、大豆ペプチドには、基礎代謝力を高める効果があります。人は基礎代謝力が高いほど、脂肪が燃えやすく、太りにくい体質になります。
 
きなこがダイエットに効果的という理由は、ここにあるのです。

 

【効果5】生活習慣病の予防

 
大豆サポニンは、血管についた脂質を取り除き、コレステロール値を低下させる働きあがります。
 
ですから、血圧を下げる効果や、動脈硬化を予防・改善する効果など、生活習慣病を予防する効果が期待できます。

 

昔からあるきなこのお菓子

 
きなこは、お団子やお餅、寒天などの上にかけて食べることが多いですね。
葛餅やわらび餅も同じです。
 
今もそうですが、昔から郷土のお菓子として親しまれているものもたくさんあります。由来などを知ると、おもしろいですよ。
 
そのようなお菓子を、紹介しますね。

 

スポンサーリンク

★あぶり餅


 
 
京都の今宮神社の近くにある「一文字屋和輔」のものが有名です。
このお店は、平安時代末期創業で、現存する最古のお菓子店ともいわれます。
都を焼き尽くしたという応仁の乱に耐えたというのは、スゴイことです‼
(今宮神社前には、もう一店「かざりや」というあぶり餅のお店もあります。)
 
「一文字屋和輔」のメニューは「あぶり餅」だけです。
きなこをまぶしたお餅を、竹串に刺して炭火であぶり、白味噌のタレをぬって仕上げます。
 
1皿500円で、お持ち帰り(3人分から)もありますが、焼き立てが一番です。
優しい甘さで、結構焦げているところが香ばしくて、美味しいですよ。

 

★すはま団子

出典元:okasinooukoku.com
 

鎌倉時代に、京都の菓子店「松寿軒」が作ったのがはじまりとされています。
「洲浜(すはま)」というのは、浜辺の入り組んだ所のことで、これを意匠化した家紋からきています。
 
一見すると、砂糖をまぶしてある小さな小さな地味な色をした花見団子という感じの和菓子です。たくさん入った箱入りで売られていることが多いです。
 
きなことうぐいす粉に砂糖・水あめなどを加えて練って「州浜」をかたどった棹物の和菓子です。私には甘すぎるので、あまり食べたいとは思わないのですが、古くからある和菓子でお茶請けに人気があります。

 

★安倍川餅

 

 
安倍川餅は、つきたてのお餅にきなこをまぶして、その上から白砂糖をかけた和菓子です。今は、きなこをまぶしたものと、こしあんを絡めたもの2種類を、1皿に盛って出されることが多いようです。
 
江戸時代初期に、静岡県の安倍川岸で生まれました。
徳川家康が、安倍川のとある茶店に立ち寄った所、そこの店主がきなこを安倍川上流で取れる砂金に見立て、お餅にまぶして、「安倍川の金なこ餅」といって献上したのがはじまりといわれます。
 
家康は、それをたいへん喜んで、「安倍川餅」と名付けたのだとか。
 
当時、貴重だった白砂糖を使っているので、東海道で有名になったそうです。

 

★信玄餅

 

 
信玄餅は、山梨県のお土産として、広く知られています。
名前は、もちろん、甲斐の虎・戦国大名の武田信玄からきています。
 
由来は、信玄が出陣するときに、非常食としていた砂糖入りのお餅にちなんで作られたという説と、山梨県でお盆に食べる風習のある安倍川餅に由来するという説があります。
 
小さなパックにお餅ときなこが入っていて、食べる前に黒蜜をかけるようにできています。
 
これね、すっごくかわいくてすっごく美味しいんですよ‼
何度か書いていますが、私の好きな「黒蜜ときなこ」のゴールデンコンビです!
 
初めて食べたのは、大学生のときで、山梨県出身のゼミの友達が、帰省したお土産といってくれたのでした。
 
それから、なかなか食べる機会がなかったのですが、今はネットで注文できます。
 
私のような引きこもりでも、いつでもどこでもお取り寄せできる、本当に、いい時代になりました。(≧◇≦)


 

★他にも「黒蜜+きなこ」をかけて食べるお菓子は、たくさんありますよ。
    ↓ ↓ ↓
あなたは知ってた?葛餅とくず餅・わらび餅の違いは〇〇なんです
吉野本葛で作られた「葛湯」ともちもち「葛餅」の実食レビュー!
おすすめ!楽天で口コミ高い伊豆河童あんみつをお取り寄せして実食!

スポンサーリンク