この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


 
夏になると、ついつい冷たい飲み物を、たくさん飲んでしまいます。
 
水分は、不足すると脱水状態になるので危険ですが、余分に溜まるのも「むくみ」などの「水毒」になり、よくないのです。
「水毒」については、こちらの記事で説明しています。

   ↓↓↓

スポンサーリンク

 
以前読んだ本に、「起きたときと寝る前にコップ1杯の水を飲むとよい」というのがあって、それに納得したので、ここ数年ずっとそうしているのですが、冬の朝晩に冷水を飲むのは寒すぎます。(>_<)
 
ですから、電気ポットで沸かしたお湯を、ちょっと熱い程度に冷ましてから飲んでいます。
 
実は、飲むときの水の温度というのは、すごく大切なんだそうですよ!
 
いくら、起きたときや寝る前に水を飲むとよいといっても、冷たい水を飲むと、胃腸がびっくりして体を冷やしてしまいます。
 
もっともよいのは、人肌より少し温かい程度の「白湯」なのです!
今回は、体によい水の取り方、「白湯」の効果を紹介します。

 

白湯とは


 
胃薬などを、「白湯」で飲んだ経験はないでしょうか。
 
一般的に、「白湯」は、熱くない程度にまで冷ましたお湯のことをいいます。
人肌より少し高めの温度にすることで、胃腸に刺激を与えず体を温める効果があるのです。
 
また、最近は、ダイエット効果が期待できることでも、注目されています。
ただ、「白湯」を飲むだけで減量できるなら、誰も苦労しないと思いますけど……。(._.)
他のものと組み合わせることで、効果が期待できるのでしょう。

 

冷たい飲み物は免疫力を低下させる


 
健康な体を維持するための理想的な体温は、36.5~37.0℃前後です。
 
でも、最近は、10代、20代を中心に35度台の体温の人が急増しています。
 
その大きな原因の1つに、冷たい飲み物を飲む習慣ができたことがあるのです。
今は、ミネラルウォーターや麦茶を常に冷蔵庫に保管している家庭が多いですね。
 
低体温がなぜよくないのかというと、免疫力を低下させたり、ウイルスやがん細胞の活動を活発化させるからです。
 
例えば、免疫力の低下は、冷たい水が口の中に入った瞬間、交感神経が働き、体が緊張状態に入ることから始まります。そして、腸の血管が収縮し、リンパ球の活動が鈍くなるのです。
 
体温が1℃下がると、免疫力は3割以上低下するといわれます。
 
また、ウイルスやがん細胞は、体温が35℃前後のときにもっとも活発に活動します。
 
健康で過ごすために、できるだけ体を冷やさないほうがよいというのは、こういう理由からなのですね!(*’▽’)

 

スポンサーリンク

白湯で体もこころもリラックス

白湯の効果

 
何かとストレスの多い生活を送っている私たちは、体やこころが常に緊張状態になっていることが多いです。
 
冷たい飲み物を飲むと、交感神経が働きます。
反対に、暖かい飲み物を飲むと、体温が上がって血流がよくなり、副交感神経が活発に働き、リラックスできます

 

ですから、できるだけ温かい飲み物を摂るように心がけて、心身ともに、ゆったりしたいですね。(*’▽’)
 
白湯の効果は、主に次のようなものがあります。
 
●血液循環の向上
●新陳代謝の促進
●便秘解消
●美肌効果
●ダイエット効果
 
これらすべての効果は、白湯の「体を温める」効果によるものです。

 

アーユルヴェーダ

健康のために「白湯」を飲むという行為は、インドの伝統医学・アーユルヴェーダに基づいています。
 
アーユルヴェーダでは、ピッタ(火)ヴァータ(風)カパ(水)という3つの要素があり、そのバランスが取れていることが大切なのです。
 
そして、それらのバランスが取れたもっとも理想的な飲食物の1つが「白湯」だといわれます。
 
そのアーユルヴェーダでは、「正しい白湯の作り方」というのがあるそうですよ。

 

「白湯」の正しい作り方

 

 
「アーユルヴェーダの白湯の作り方」
 
①やかんや鍋に水を入れます。
 鉄製のやかんで作ると「鉄分」も摂取できるので、鉄製やかんがある人はどうぞ。
 水は水道水でもミネラルウォーターでもOKです。
 
②沸騰したら、少し火を弱めて更に10分ほど火にかけておきます。
 水面が小さくポコポコする程度の中火にします。
 この間に、カルキや塩素などの不純物が抜けます。
 
③体温より少し高い、50℃前後まで冷まします。
 50℃程度というのが、体がもっとも温まる温度なのだそうです。
 
④1回に飲む量は、湯のみに軽く一杯、150mlぐらいがオススメです。
 それをゆっくりと少しずついただきましょう。
 
このときに生姜をすり入れたり、生姜パウダーを入れると、いっそう温まりますよ。

 

おわりに


 
アーユルヴェーダに、特にこだわらないなら、沸騰してすぐに冷ましても、電気ポットや電子レンジで温めてもいいんじゃないかなと、私は思います。
 
面倒くさいと、続けにくいですよね。
習慣にするなら、できるだけ負担がかからないほうがよいです。
 
ということで、私は、これからも朝晩コップ1杯の白湯を飲み続けようと思います。(*’▽’)

スポンサーリンク