この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
こんにちは、このかです。
 
お花のお稽古をしてみたいなと思ったとき、まずは、自分が通える範囲内の場所に、よい教室はないかなと探しますよね。
 
私も、3年前にあれこれと情報を集めて、探しました。
 
子供の場合は、選ぶ基準が上達第一かもしれませんが、大人の場合はちょっと違うと私は思うんです。
 
今、うちの教室には、大学生や20~30代の働く独身女性も多く通っているのですが、上達も大事だけれど、みんなリフレッシュしたいんですよね。
 
大人の習い事は、うまく合えば、家と職場の往復とは別の場を持てて、普段と全く違う「お花」を話題にしておしゃべりをしたり、いろんな年代の人と、日常やペットや旅行に行った話などができる、ストレス解消の場になります。
 
私の通う教室は、まさにそんな感じです。
 
なので、あなたも、できるだけそこに足を踏み入れるとき楽しい気持ち、ほっと一息つける教室を選んでほしいと思います。
 
花を生けるというのは、自分に向き合う事です。
 
リラックスできる場でいけるというのは、とっても大切な事なのですよ。

 

スポンサーリンク

体験レッスンは必ず受けよう!


では、実際に、教室を探す手段には、どんなものがあるでしょう?
 
● 習っている人から聞く(口コミ)
● おけいこ情報誌
● インターネット検索

 
このあたりでしょうか?
 
まずは、自分の習いたい「条件」を考えるのが大切ですね。
 
自分が習いたい曜日や時間帯にレッスンがあるか、通いやすい場所にあるかどうかなど、一番大事なポイントです。
 
最近は、伝統文化のいけばなでも、風通しがよくなって、ほとんどの教室で見学や体験レッスンを受けることができますよ。
 
それも当然、生け花人口は、どんどんどんどんどんどんどんどん減り続けているんです。
 
古い経営体制をこのまま変えられないなら、滅ぶしかないのかもしれませんが、室町時代から続く伝統文化なので、それは残念だなと思います。
 
もっともっと若い人たちに、興味を持ってもらえるよう、努力すべきだと思うんですけどね。
 
若い人が、増えてほしいです。
先生も若い先生がいいです。(個人的な意見ですよ。)
  
体験レッスンに話を戻しますと、私の通う教室は、花材込で1000円でした。
 
これが相場なのかどうかわかりませんが、花を扱うお稽古にしてはリーズナブルに感じます。
 
初心者は、いける花数が少ないからですけどね。(5本ぐらいです)
ほぼ、花材費だけです。
 
私が、体験レッスンのとき、一番大事にしてほしいと思うのは、その教室の空気が自分に合うかどうかというところです。
  ↓
気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」

スポンサーリンク

私の教室選びのポイント

 

 
私が実際に教室を決めるときに、いろいろ考えて思った選ぶポイントを、4つあげます。
 

1.通いやすい場所にあること

 
どんなによい教室でも、通うのに時間がかかると行くのが億劫になります。
 
私は、最寄り駅から電車で15分以内のところ、京都駅~大阪駅までの範囲で探しました。
 
教室の数は、地域差が大きいので、あなたに合った基準で考えてくださいね。
私は、とにかく長く通うためには近い所がよいと思っているので、かなり範囲は狭いです。

 

2.先生との相性

 
生け花のようなマンツーマンレッスンの場合、特に大事なのは、先生との相性です。
 
指導のうまい下手とは別に、人として合う合わないというのが、ありますよね。
 
とにかく大切なポイントです‼

 

3.先生の年齢

 
これは完全に個人的な意見ですけど、私は伝統文化のお稽古の先生は、若い人がよいと思っています。
 
若いといっても、アラフォーの私より若いか同年代ということなので、30~40代ぐらいまでです。
 
もともと、私は年功序列的な考え方が嫌いなので、優れた技術を持つ先生なら若くても素直に尊敬できるんですよね。
 
年を重ねているだけで威張っている人、古い考え方をしてる人を避ける予防策でもあります。
 
そして、やるからには数10年、できれば細々と生涯にわたって学び続けたいと思っているので、後20年は元気で活躍してくれる先生が希望なのです。
 
生け花の先生は、60~70代が多いんですよ‼
教授者の世代交代がうまくいっていないのが、生け花衰退の1つの大きな原因じゃないかと思っています。

 

4.流派

 
これは、人それぞれ好みの問題ですね。
生け花は、ものすご~く多くの流派があります。歴史と伝統を重んじるなら、やはり華道家元「池坊」でしょう。
 
こだわりのある人は、ほとんど「池坊」と言いますね。
 
茶道の先生がよく一緒に教えていらっしゃるのは「未生流」です。
(関西だけかもしれませんが)
 
前衛的で自由度が高いのは「草月流」でしょうか。
 
大きな流派は、百貨店などで定期的に花展を開いていますよ。
流派にこだわるなら、ここはしっかり、自分の目で見比べて決めてほしいと思います。
 

まとめ

 
教室選びのポイントは、案外少ないです。
 
体験レッスンに行っても、合わないなと思ったらやめておきましょうね。
始めに妥協しないほうがよいと思います。
 
★ レッスン時間帯が自分に合うか、振替レッスンが用意にできるか
★ 教室は通いやすい場所にあるか
★ 教室の雰囲気は温かいか
★ 先生は話しやすい人か、自分と相性がよさそうか

 
やっぱり私の決め手は、通いやすい立地かということと、先生や教室の雰囲気が合うかどうかですよ。(*’▽’)
 
私は、ここで調べて決めました。
  ↓



気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」

 

関連記事♪↓


 

スポンサーリンク