この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

お正月には年神様をお迎えするために、さまざまな正月飾りをほどこします。
門松、しめ縄、玉飾り、羽子板、破魔矢、鏡餅、生花など。
宗教色の強いものから一般的なものまで、たくさんあります。
今回は、都市部の一般家庭ではあまり見かけなくなりましたが、お正月飾りといえば外せない「門松」を取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

神様は緑を目がけて降りてくる

日本でおめでたい植物といえば、まず「松」を思い浮かべる人が多いでしょう。

「神様は必ず青い木に降りてくる」と、古代日本人は信じていました。
青い木とは、榊(さかき)、杉、檜(ひのき)などの常緑樹のことです。
神の宿る依り代として、神事に使われてきたのです。

「門松は歳神様が空から降りてくるときの目印」です。
ですから、必ず緑の木を使います。
古代は他の常緑の木も使われていましたが、平安時代に松だけを使うようになりました。その頃は、庭に松を一本立てたものだったようです。


現在のように門前や玄関に左右に対で立てるようになったのは、江戸時代に入ってからだそうです。

門松を飾っている間を「松の内」と呼びます。
その間は歳神様がいらっしゃる期間と考えられているのです。

「門松」を立てるのはいつ?


29日に立てるのを「苦立て」
31日に立てるのを「一夜飾り」
といって、避ける風習があります。
日本人は、昔から数字の「9」が「苦」を連想させることから縁起が悪いと考えていました。
また、31日ぎりぎりに立てるのは、神様に対して誠意がないと思われるからよくないのだそうです。

スポンサーリンク

 

そうすると、門松を立てるのは、28日か30日がよいということになります。
28日ぐらいが余裕があってよさそうですね。

「門松」いろいろ

門松で使われる松は、黒松と赤松があります。黒松を雄松、赤松を雌松と呼び、門や玄関に「対」に置きます。雄松(黒松)は、樹皮が黒っぽい松で葉が硬くて長いです。雌松(赤松)は、樹皮が赤っぽく、黒松にくらべて葉が柔らかく細いです。

これらを門の前に立てるのですが、門の外側から見て(つまり歳神様から見て)左に雄松、右に雌松を立てます。

門松は、中心に立てた三本の竹に松の枝を添わせて、根元をぐるりと割り木で囲んだものが正式な形です。

しかし、最近は、一般住宅の玄関先に小ぶりな門松アレンジメントを並べる家庭も増えました。の根本に、葉牡丹千両・南天など、縁起のよい色鮮やかな正月花を置くと、小さいながらも豪華な門松に仕上がります。

このような門松なら、園芸店でない一般のお花屋さんでも手に入れられるので、気軽にお正月の雰囲気が楽しめそうですね。

 
「お正月」記事・「総集編」はこちらです♪↓

2017「お正月総集編」~お正月に関する全ての記事はこちらから♪


 

スポンサーリンク