この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちは~、このかです♪
 
お正月が近づくと、スーパーの食品売り場にも「鏡餅」が並びますね。
 
子供の頃、手書きの年賀状を出すとき、よく鏡餅のイラストを描いていました。
簡単なんですよね。絵心ない私でも大丈夫でした♪
 
鏡餅は、お餅で作っているものなので、いつおさがりを食べたらいいの?と気になります。
 
まずは、鏡餅の意味を押さえていきましょう。

 

スポンサーリンク

鏡餅は歳神様への最高のプレゼント

 
 
歳神様をお招きするとき、一番しっかりしなければいけないおもてなしは収穫物をお供えすることなんです。
 
それは、歳神様が、穀物の神様だからといわれています。
だから、歳神様に捧げる最高の供物は「米」なんですね~!
 
お米こそが、日本人にとって絶対的な力の元、特にもち米はパワーの源なのでした。
 
昔の人は、なによりも今年の豊作を神様にお願いし、最高の供物として鏡餅をお供えしました。
 
大切なおもちをさらに丸くして二つに重ね、ますますめでたく祝おうというのが、お正月の鏡餅なのです。

 

鏡餅には歳神様が宿る?

 

 
歳神様は空から門松に舞い降りて、松の内が過ぎるまでしめ縄や鏡餅にいるといわれています。
 
鏡餅の「鏡」は何を意味すると思いますか?
 
それは、昔、お餅が神の御霊(古代の鏡は丸形だたった)を形どったものと考えられていたという説があります。日本人は古くから、鏡は人の心を映し神の霊が宿ると考えていたのでした。
 
鏡餅は、三方に裏白とゆずり葉を乗せて丸いお餅を二つ重ね、昆布を正面に垂らし、一番上に橙を乗せるのが正式です。
裏白、ゆずり葉、昆布、橙は、しめ縄飾りも使われていますね。
 
歳神様は、こういう縁起物のあるところに宿るということなのです。

 

スポンサーリンク

鏡餅を飾る場所

 
 
鏡餅は、まず、一つだけ飾るときは、床の間や玄関先に飾ります。
 
何個か飾るときは、一番大きいのを玄関や床の間、中ぐらいのを仏壇や神棚に、一番小さめのものを台所やご家族の部屋などの大事な場所に飾るのが一般的な風習です。

 

鏡餅を飾る日

 
 
鏡餅を飾る日は、お正月の準備期間であれば早めに飾っても大丈夫です。一般的には、12月28日が最適といわれますよ!
理由は、門松やしめ飾りと同じです。
 
門松、しめ縄、鏡餅とみてきましたが、これらを飾る28日や30日が「仏滅」だったとしても、問題ないですよ。
 
なぜなら、大安や仏滅などの「六曜」は、中国の思想に基づくものだからです。
古代から行われている日本の神事とは、まったく関係ないものなのですね。

 

歳神様とはどんな神様?

 
 
「正月事始め」「お正月の飾り」についていろいろみてきましたが、すべてが新年に歳神様をお迎えするためのものだったのですね。
昔からずっと伝えらえ、守られてきたものには、ひとつひとつ意味があるとわかりました。
 
では、お正月にやって来る歳神様とは、一体どんな神様なのでしょう。
そう、歳神様は、ずばり「お米の神様」です。
農耕民族だった日本人の主食、最も大切な稲作を司る神様だったのですね。
 
こうして見ると、とても納得できます。
古代の日本人が、毎年、新年に最も家に来てほしい神様は?と考えると、お米の神様よりほかはないでしょうから。
「お正月」記事・「総集編」はこちらです♪↓

 

【特集】正月の「準備」と「後片付け」・まとめ記事

スポンサーリンク