この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
中華料理のデザートとして、おなじみの杏仁豆腐。
 
最近ダイエットのため、寒天とこんにゃくをよく食べていたところ、「かんてんぱぱ」の杏仁豆腐にはまってしまいました。(・_・;)
 
杏仁豆腐は、寒天でもゼラチンでも作ることができます。
 
寒天は植物(天草)からゼラチンは動物(主に豚)からとれるものなので、固まる温度や出来上がりのぷるぷる加減が変わります。
 
最近のデザートは、「とろける」ほうが人気がありますが、私は、割としっかりした固めのほうが好きです。
 
杏仁豆腐も、寒天で作られたサクサクした感じが好き(≧◇≦)
なので、「かんてんぱぱ」で作ります。
 
今回は、元は薬膳料理だった、杏仁豆腐の意外な効能を紹介します。

 

スポンサーリンク

「杏仁層」は杏仁豆腐の香りのもと


 
「杏(あんず)」は、中国で五千年以上昔から栽培され、漢方薬として用いられていました。西洋でもアプリコットとして知られています。原産は中国です。
 
杏仁豆腐の「杏仁」はその字のとおり「杏(あんず)」の「仁」。
「杏(あんず)」の種の中の白い部分を「仁」といいます。
 
薬膳では、「杏仁」は「キョウニン」と呼びます。
 
キョウニンには、「苦杏仁」「甜杏仁」の2種類があって、漢方の生薬には苦みのある「苦杏仁」を、スイーツには甘味のある「甜杏仁」を使います。なので、杏仁豆腐には「甜杏仁」が使われます。
 
杏仁豆腐に使われるのは、この「甜杏仁」からできた「杏仁霜」とよばれるものです。
 
「杏仁霜」は、杏(あんず)の茶色の種の中にある白い部分を、すりつぶして粉にしたものです。
 
実は、結構高価なものなので、スーパーなどで売られている杏仁豆腐には、杏仁霜が含まれていないものも多いのですよ。購入の際に、原材料をチェックしてみてください!

 

杏仁霜とアーモンドパウダー


 
本格的な中華料理店で最後にデザートで出てくる杏仁豆腐は、独特の香りと風味がありますね。
 
でも、スーパーで売られている杏仁豆腐を食べたとき、あまり風味が感じられないなと思ったことはないでしょうか?
 
そういうのは、アーモンドパウダーを杏仁霜の代用品として使っている商品の場合が多いのです。(´・ω・)
 
アーモンドパウダーは、ひんぱんに「杏仁霜」の代わりに使われるので、この2つが同じものと思っている人も多いようです。
 
でも、これらは使い方や粉の状態が非常に似ていますが、全くの別物です。
 
アーモンドパウダーはアーモンドの種の中身を粉にしたもので、杏仁霜は杏(あんず)の種(仁の部分)を粉にしたものです。
 
出来上がった杏仁豆腐の風味は、かなり違いますよ。
でも、アーモンドも体によいです。(*’▽’)

 

杏仁霜の栄養と効能

 
杏仁豆腐は、もともと薬膳料理だったので、栄養や効能もしっかりあります。
  ↓↓↓
「肺」と「腸」を潤す薬効
1.咳を止め痰を切る、喘息を和らげるなどの喉の調子を整える効果、
2.便通をよくする効果

 
これは、杏仁に含まれるアミグダリンという成分の薬効によります。

 

スポンサーリンク

アミグダリン


 
杏仁には、
 
鎮咳作用
去痰作用
潤腸作用(便秘治療)

 
という大きな効能があります。
 
この「杏仁霜」に含まれているアミグダリンは、杏やビワ、梅、桃、アーモンドなど、バラ科の未熟果実の種子にある「仁」に多く含まれます。
(果肉や葉、樹皮にもわずかに含まれています。)
 
アミグダリンは、長い間、抗がん作用の有無について、議論され続けている成分です。
 
米国で、「アミグダリンがガンの増力を抑制する」という研究結果が出てから、抗がん作用があるといわれうようになったのですが、今では、逆に健康被害が出る危険性があると指摘されています。
 
ガンを抑制させる根拠が薄くて、むしろ飲むと体内でシアン化水素という猛毒に変化すると考えられるようになったのです。
中毒になると、嘔吐や吐き気、下痢などの症状が表れます。
 
でも、アミグダリンは梅の加工品などにも含まれていて、日常食べる程度ならまったく問題ありません。それに、特に多く含んでいるのは「種」なので、大丈夫です。薬効のほうが大きいということです。
 
ただ、「抗がん作用がある」と鵜呑みにして、大量には食べないほうがよいですね。

 

寒天のダイエット効果

 
寒天で作った杏仁豆腐は、こんな感じになります。ダイエットに◎!
  

 
杏仁豆腐は、寒天で作ると天草(テングサ)の効果も期待できます。
 
寒天(テングサ)の3つの大きな効果は、こちらの記事にありますので参考にしてください。↓↓↓


 
材料は、粉寒天と砂糖、水、杏仁霜、牛乳、(乾燥クコの実)だけです。
かなりヘルシーですね。(*’▽’)
 
油っぽい中華料理のデザートに、ぴったりですね。

 

まとめ


 
★杏仁霜は、肺と腸を共に潤す働きをする薬
 
●肺・気管支に効く
 →咳止め・痰切り・風邪の予防、喘息の解消
●腸に効く
 →便秘解消、下痢止め
 
★杏仁豆腐の大半は寒天なので、カロリーが低く寒天の効果も期待できる!
 
【おやつの関連記事】
    ↓↓↓

白玉団子を作り過ぎちゃった!保存期間はいつまで?冷凍はOKなの?
 

あんこの栄養と効果・ぜんざいとおしるこの違いは関東・関西で異なる
 

桜餅は関東と関西で別物!?「長命寺」「道明寺」と呼ばれるわけ
 

あなたは知ってた?葛餅とくず餅・わらび餅の違いは〇〇なんです
 

吉野本葛で作られた「葛湯」ともちもち「葛餅」の実食レビュー!
 

「かんてんぱぱ」の杏仁豆腐はこちらです。簡単ですよ^^♪
  ↓↓↓

スポンサーリンク