この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

399111
日本では、行事の際に、「行事食」を食べる風習があります。
結構、それが楽しみだったりします。(*’▽’)
 
「端午の節句」の「行事食」といえば、「柏餅」「粽(ちまき)」ですね‼
 
地域によって異なるようですが、あなたはどちらを食べますか?
両方かな・・・?
 
管理人は、「柏餅」ですね。
粽はあまり目に入りません。(*^^*)
 
今回は、なぜ「子供の日(端午の節句)」に、これらが食べられるようになったのか、その由来を紹介します。

 

スポンサーリンク

「柏餅」と「粽(ちまき)」

 
「端午の節句」は、中国から伝来したものです。
「粽(ちまき)」は、その風習と一緒に中国から伝わりました。
 
一方、江戸時代になると、幕府によって「端午の節句」が行事として正式に制定されます。それ以降、日本全国に広まり、独自の行事として発展していきます。「柏餅」が記録に登場するのは、17世紀前半(寛永年間)です。
つまり、「柏餅」は、日本が起源の行事食なのです。
 
★「粽」➾中国から伝来した物
★「柏餅」➾日本独自の行事食

 

「柏餅」を食べるようになったのはなぜ?

4e8cd96f94e4bb48893386909a95768e_s
 
「柏の葉」は、新芽が出てから古い葉が落ちるという特徴があります。
それを 「後継ぎが絶えない」という縁起に結びつけ、「子孫繁栄」の縁起物となりました。
 
柏餅は、柏の葉に上新粉とくず粉を混ぜてつくったおもちに、餡を包みこんで、二つ折りにした柏の葉で包んだ和菓子です。
 
家庭で手軽に作るなら、上新粉と砂糖と小豆缶と真空パックに入って売られている柏の葉だけで、簡単に作れます。レンジ加熱でもOKです♪
 
餡は、始め(江戸前期)は、「塩餡」というものを用いていましたが、江戸後期になって「小豆餡」「味噌餡」が使われるようになったそうです。

 

スポンサーリンク

「粽(ちまき)」を食べるようになったのはなぜ?

5ebe2285e05bfab8335f1b134b3de3d1_s
 

昔々、中国の「楚」の国に、屈原(くつげん)という詩人がいました。
 
屈原は、たいへん有能な政治家でもありましたが、陰謀によって失脚し、国を追われてしまいます。
 
そんな国の行く末に絶望した屈原は、川に身を投げて果てます。
その日が、ちょうど5月5日でした。
 
ちなみに、そのとき歌った『離騒(りそう)』という長編叙事詩は中国文学の名作として残っています。
 
屈原は、民衆に人気があったため、屈原の死を悼んだ人々が、川に沈んだ屈原の体が魚に食べられないようにと、太鼓をたたいて追い払い、供物を投げ入れました。
 
しかし、時代が下ったある日、屈原の幽霊が出て、「私の手許に届く前に、供物が蛟龍(こうりゅう)という悪龍に盗まれてしまうのだ。だから、今度からは蛟龍が嫌いな楝樹(れんじゅ)の葉で米を包んで、五色の糸でそれを縛ってほしい。」 と言ったそうです。
 
それ以降、供物は無事に屈原の元へ届くようになりました。
 
「その楝樹(れんじゅ)の葉で米を包んで五色の糸で縛ったもの」が、粽(ちまき)の起源です。
 
そして、この故事が、中国の「端午の節句」のはじまりになります。

 
「端午の節句」の由来は、こちらにあります。(*^^*)
 ↓  ↓  ↓


 
 

おわりに

8420f79f978e2ef5fc2e20d9dfa844fe_s
 
「端午の節句」は、中国から伝わり平安時代の宮中行事になりました。
そのため、始めは京の都を中心とした関西で、行事として定着します。
 
一方、柏餅は、江戸時代に江戸(関東)で生まれます。
 
ですから、一般的に、「関西では粽(ちまき)が主流、関東では柏餅が主流」といわれます。
 
でも、一括りにはできないです。
 
管理人は、ず~っと大阪で暮らしていますが、粽(ちまき)は食べたことがありません。(中華料理の粽は好き♪)
ちなみに、管理人の母は代々関西人、父は薩摩(九州)の人です。
 
でも、京都には、粽(ちまき)を伝統的に扱う和菓子屋さんがあります。
関西でも、場所によって違いますね。
 
おもしろいです。(*^^)v

 

子供の日に「こいのぼり」を上げるようになったわけは、こちらです。
 ↓  ↓  ↓


 
 

スポンサーリンク