この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

7d3bc29863e43257f20aa1fdbfd68057_s
 
夏目漱石は、教師をしていて、多くの門下生に慕われていたこともあり、数多くの逸話が残っています。
 
今回は、その一部を紹介します。

 

スポンサーリンク

夏目漱石の有名エピソード

637627

 
夏目漱石の生涯や作品、交友関係はこちらにあります。(*’▽’)
↓  ↓  ↓


 

1.「漱石」はペンネーム

 
中国に「枕石漱流」という詩があります。
 
「流れに漱(くちすす)ぎ石に枕す」と読みます。
「世俗から離れ、川の流れで口をすすいで、石を枕として眠るような隠居生活をする」という意味です。
 
中国のある人がそろそろ隠居したいと思い、こう言うつもりが「漱石枕流」と言い間違えてしまいました。
これでは「石で口を漱ぎ、流れを枕にする」という意味になってしまいます。
 
友人がその間違いを指摘しましたが、その人はすごい負けず嫌いだったので、訂正せずにそれを押し通したのだそうです。
 
このことから、「漱石枕流」は「負け惜しみが強い、頑固者」という意味で使われる「故事」となりました。
 
「夏目金之助」は、この言葉が自分の性格を言い当てていると思い、「漱石」というペンネームにしたのだそうです。
 
「漢詩」に精通している漱石らしいですね。

 

2.「脳」が東大医学部に保存されている

a0001_001850
 
漱石の「脳みそ」は、エタノール漬けにされて現在も東京大学医学部に保存されています。
 
漱石が亡くなったとき、松山中学時代の教え子、真鍋東大医学部教授が司法解剖を担当しました。
 
真鍋教授自身も、研究の為に漱石の脳を保存したかったようですが、そのときちょうど漱石夫人から解剖と保存の申し出があったので、それを了承したのだそうです。

 

3.ほとんどDV夫だった

 
ロンドン留学から帰ってきた漱石は、神経衰弱で、妻や女中に常に見張られているとか、誰かに監視されているとかいう妄想に取りつかれ、急にヒステリー発作を起こすようになりました。
 
そのときは、妻子を殴る蹴る、物は壊すと、大変だったそうです。
 
悪妻とも噂される鏡子夫人は、「これはお父様の病気」と子供たちに言いきかせ、持ち前の大らかさで漱石を支えたそうですよ。

 

4.「甘党」すぎてヤバかった

141fad8eb904f69632cdf0d0d467be09_s
 
漱石は、すごい甘党で、特に「羊羹(ようかん)」には目がなかったそうです。
 
胃潰瘍だったので、医師や門下生にも止められていたのですが、やめられなかったのでしょう。
 
「修善寺の大患」の後は、さすがにダメだということで、奥さんが甘いものを隠していたのですが、娘と一緒に家の中を探し回って、ついに見つけたときは、すごくうれしそうだったらしいです。

 

スポンサーリンク

夏目漱石の名言

d9edc769864ca9d038bafc2d2b299a9e_s

1.名言「月が綺麗ですね」

 
漱石が英語教師だったとき、「I love you」を和訳せよという問題がありました。
 
生徒が「我、汝ヲ愛ス。」と訳したところ、漱石は、
「日本人はそんなことは言わない、
『月が綺麗ですね』とでもしておきなさい。」
と答えたという逸話です。
 
すごく有名なエピソードなのですが、実は、この話は典拠不明です。
まあ、英語の講義の中での会話なので、明文化されていなくても不思議はないですけどね。
 
漱石が言ったという保証はないのですが、この表現には何とも言えない情緒があります。もしも、本人が言っていなかったとしたら、いかにも先生が言いそうな表現だということで、広まったのでしょう。
 
お互いを見つめ合うのではなく、「月」という「共通の対象物」を見ることで、2人の間の「行間」が浮かび上がります。
 
「間接的に」愛情を表現する、日本の古典的な表現方法ですね。

 

2.手紙の中の名言

 
★「どうぞ偉くなってください。しかし、むやみにあせってはいけません。牛のように図々しく進んで行くのが大事です。」
(芥川龍之介に宛てた手紙)
 
★「君、弱い事を言ってはいけない。僕も弱い男だが、弱いなりに死ぬまでやるのである。」
(森田草平への手紙)

 

3.作品の中の名言

d4c521466e29a7cfbec330e718e04e94_s
 
★「精神的に向上心のない者は馬鹿だ。」『こころ』
 
★「自分に誠実でないものは、決して他人に誠実であり得ない。」『行人』
 
★「智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。『草枕』
 
★「恐れてはいけません。暗いものを凝って見詰めて、その中から貴方の参考になるものをおつかみなさい。」『こころ』
 
★「運命は神の考えるものだ。人間は人間らしく働けばそれで結構だ。」『虞美人草』
 
★「愛嬌というのはね、自分より強いものを倒す柔らかい武器だよ。」『虞美人草』
 
★「自らを尊しと思わぬものは奴隷なり。『断片』

 

おわりに

 
芥川龍之介は『羅生門』を発表したとき、誰にも注目されなくてこのままでは小説家になれないと思い、林原耕三の紹介で漱石を頼ります。
漱石に誉められたことが、龍之介のモチベーションアップにつながったことは、間違いないでしょう。
 
夏目漱石は、他の弟子からの質問や悩みの手紙にも、真摯に答える人だったそうです。
 
教師時代から破格の給与だったこともあり、問題児の弟子の借金の肩代わりをしたりと、面倒見のよい先生でした。
 
生徒に好かれるのも、納得ですね。
(家庭ではDV夫ですけど・・・。)(*´Д`)

 

スポンサーリンク