この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

317331
宮澤賢治の代表作・「雨ニモマケズ」
 
この詩は、宮沢賢治が病気で死亡する1年前に書かれた作品です。
 
宮澤賢治の死後、公表されました。
宮澤賢治の生概略は、こちらです。↓

 


 
今回は、詩「雨ニモマケズ」について、お話しします。
 
※ 「雨ニモマケズ」の全文は、この記事の一番下にあります。

 

スポンサーリンク

「雨ニモマケズ」全文・現代風表記

 
病床にいる宮沢賢治が、「理想の自分」を詩にした「雨ニモマケズ」
利他の精神に徹することは、いつの時代も難しいものです。
 
この詩の最後の言葉は、「サウイフモノニ ワタシハナリタイ」です。
 
そういう人に自分はなりたいという事は、いまだそのようになれていないということです。
 
丈夫な体ではない病弱な自分・・・。
自分の利益を考えずに、人に尽くしきれない自分・・・。
 
だからこそ詩の中の「理想」が、読み手の心に響きます。
 
「雨ニモマケズ」は読みにくいので、少し分かりやすく現代風に表しました。
 
※ 「雨ニモマケズ」の全文は、この記事の一番下にあります。(*’▽’)

 
 

スポンサーリンク
 雨にも負けず 風にも負けず
 
 雪にも夏の暑さにも負けない
 
 丈夫な体を持ち
 
 欲はなく 決して怒らず
 
 いつも静かに笑っている
 
 1日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ
 
 あらゆることを自分を勘定に入れず
 
 よく見聞きし 分かり そして忘れない
 
 野原の林の下のかげの
 
 小さなかやぶきの小屋にいて
 
 東に病気の子供がいれば
 
 行って看病してやり
 
 西に疲れた母がいれば
 
 行ってその稲の束を背負い
 
 南に死にそうな人がいれば
 
 行って怖がらなくてもよいと言い
 
 北に喧嘩や訴訟があれば
 
 つまらないからやめろと言い
 
 日照りのときは涙を流し
 
 寒さの夏はおろおろ歩き
 
 皆にデクノボーと呼ばれ
 
 ほめられもせず 苦にもされず
 
 そういうものに 私はなりたい

 

「雨ニモマケズ」のモデル?斉藤宗次郎

213092
「雨ニモマケズ」にはモデルがいたと考えられています。
 
宮澤賢治の交遊関係の中で、この詩の内容にしっくりはまる人物がいるのです。
それは、斉藤宗次郎という人です。
 
ただし、宮沢賢治が断定しているわけではないので、あくまで推測です。
 
斉藤宗次郎は、小学校の教師でしたが、23歳で洗礼を受けます。
彼は、岩手県花巻市で最初のキリスト教徒だといわれます。
 
当時、キリスト教徒は「国賊」とののしられ、迫害されていました。
ですから、洗礼を受けた斉藤宗次郎に、花巻の人々は冷たくあたります。
 
親に勘当され、娘(9歳)は学校でいじめられてお腹をけられ、腹膜炎を起こして数日後に亡くなりました。
また、日露戦争に反対したため、岩手県の教育会から追放され、小学校教師の職を解かれました。
 
その後、宗次郎は、新聞配達をして生計を立てながら、病人を見舞い、人のために祈り続けたといわれます。
 
彼は、雨の日も、風の日も、雪の日も、暑い夏の日も休むことなく、町の人たちのために祈り、働き続けました。
 
そんな生活をしながら、宗次郎は宮沢賢治と農学校で親交を深めていました。
 
やがて、20年余の歳月が過ぎたころ、
 
師と仰いでいた内村鑑三からの要請があり、宗次郎は上京する決心をしました。
 
東京へ行く汽車に向かうとき、宗次郎は自分を見送ってくれる人は1人もいないだろうと思っていました。
 
 
ところがその駅には、花巻の人々がたくさん見送りに来ていました。
 
そこには、一般の人だけでなく、町長をはじめ町の有力者、教師、祭主や僧侶の姿も見えたのです。
 
町の人々は、宗次郎が自分たちのために、奉仕の精神で尽くしてくれていたことを見ていたのでした。

 

おわりに

 
斉藤宗次郎の生き方を見ながら、宮沢賢治はこういう人になりたいと思って、この詩を書いたのでしょうか。
 
東京へ行った斉藤宗次郎の元に、花巻から届いた最初の手紙は、宮沢賢治からのものだったそうです。

 
「雨ニモマケズ」全文 (宮澤賢治)

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ※(「「蔭」の「陰のつくり」に代えて「人がしら/髟のへん」、第4水準2-86-78)ノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

★宮沢賢治の他の記事は、こちらです♪
↓  ↓  ↓

宮沢賢治の生涯と作品
宮沢賢治「注文の多い料理店」のあらすじを簡単に説明!
宮沢賢治「注文の多い料理店」~解釈のポイントと感想~
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」のあらすじと感想を簡単に説明!
宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」~あらすじと感想を簡単に~
宮沢賢治「よだかの星」のあらすじと感想・解釈ポイントは?
宮沢賢治「風の又三郎」のあらすじを簡単に~転校生は風の神様?

スポンサーリンク