この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

3574c13e5c9a7f4047de8d83c650a913_s
 
卒業式に関する記事をまとめました。
 
1つ目は、「卒業文集」に載せる作文の書き方です。
2つ目は、卒業式に出席するときの「服装」やマナーについてです。

 

スポンサーリンク

卒業文集の書き方

 
三学期が始まると、そろそろ卒業の準備が始まります。
春は、出会いと別れ、生活が変わる人の多い季節です。
 
卒業式は厳粛な式なので、あらかじめしっかり準備をしておきたいですね。
 
卒業に際して、卒業文集を書く学校が多いです。
卒業文集は、書くときは面倒くさくても、十数年後に振り返ると、懐かしく感じられる物です。
 
是非、しっかり自分の言葉で、表したいですね。
 
小学生の卒業文集で、中心に書くテーマの提案や、書き方の簡単な構成を、こちらに説明しています。

 


 
 
中学校、高等学校の卒業文集の書き方は、こちらです。
 

 
 

大学の卒業式の服装

 
大学の卒業式は、もう大人なので、完全に卒業生が主役ですね。(^▽^)
保護者は出席しない場合や、本人と別々に行動する場合も多くなります。
 
卒業式の服装は、学校によって様々なので、悩む場合もあります。
男性はスーツが多くが洋装(スーツ)ですが、女性の場合は、洋装、和装、いろいろな人がいます。大学の校風にもよりますね。
 
洋装で参加する場合は、スーツ? それともパーティードレス?
そんなとき気をつけるポイントをこちらにまとめました。↓

 


 

和装で出席する場合は、大きく「振袖姿」「袴姿」に分かれます。
 
正式な場にもっとも相応しいのは「振袖」ですが、卒業式だけに特別許されている「袴」も人気が高いです。
 
大抵、こちらの3パターンになると思います。
 
●振袖
●着物+袴
●振袖+袴

 
和装で出席する場合、着物や袴の色合い、帯の合わせ方、小物や履物など、考えることがたくさんあります。
それらの選び方は、こちらを参考にしてください。↓

 


 
振袖は、成人式のときに購入した人は、それを着るとよいですね。
「振袖+袴」の人は「袴」(振袖を持っている場合)を、
「着物+袴」の人は「着物」と「袴」を、
それぞれ買うかレンタルかすることになります。
 
レンタルもよいですが、「袴」だけなら3,000円前後から売られていますよ。
着物と袴のセットも、化繊ならお手軽価格で購入できます。
 
レンタルは通常4日間なので、記念写真の前撮りの日程をタイトに考えなければいけません。
 
借りるとき、返すときの手間もかるので、諸々のわずらわしさを考えると、管理人は購入をおすすめします。
 
袴や着物、それに合わせる小物や履物(ブーツ、草履)の情報は、こちらにまとめました。↓

 

 

スポンサーリンク

卒業式に振袖や袴で出席する場合、着付けやヘアセットをプロに頼む人がほとんどです。
 
卒業式は、幾つかの学校が同じ日に行われることが多いです。
ですから、地域によっては、予約枠が埋まってしまい、困ることがあります。
 
予約するのに適した時期や、適したサロンの場所、着付けとヘアセットの相場などの情報を、こちらにまとめました。↓

 


 

 

卒業式の保護者の服装

9eb5849a73e4db9a2affce4cc61a6ce7_s
 
小学校の卒業式は、子供も保護者も初めての卒業式ですね。
幼稚園や保育所の卒園式からは、6年も経っています。
 
卒業式は、厳粛な式ですから、ある程度、服装などに気を遣う必要があります。
 
出席する母親のスーツの素材や色などの選び方、小物やその他のマナーについて、まとめました。↓

 


 
中学校・高等学校の卒業式になると、子供の成長に伴い、母親の年齢も上がってきます。
 
服装や持ち物も、その年齢に相応しい物にしたいですね。
 
ここでは、40代以上の母親の服装や、気をつけるべき点について表しました。↓

 

 
卒業式には、父親も参加することが多いです。
 
我が家も、夫は有休を取って、絶対に参加したがります。(-.-)
 
会社員の場合、出席する服装は、普段のスーツの中から相応しい色合いの物を選ぶとよいと思います。
 
スーツを着用しない職業の場合は、今後も少し改まった席で着られるので、一着新調することをおすすめします。
 
小学校の卒業式の時に購入すれば、女性の服に比べて流行をあまり追わないので、中学校や高校の卒業式にも使えます。(体型が変わらなければですが。)
 
卒業式に出席する父親のスーツに相応しいものを、こちらにまとめました。↓

 

 
 

スポンサーリンク