この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

多くのファンを持つ時代小説、池波正太郎の『鬼平犯科帳』。
その世界観と江戸の雰囲気がすごくよくて、大好きな作品です。

 

スポンサーリンク

Amazonレビューはこちら↓
鬼平犯科帳〈1〉 (文春文庫)

 
中村吉右衛門主演でドラマ化されて28年になりますが、これがとうとう終了しました。中村吉右衛門さんの「鬼平」は、大人の魅力溢れる「粋なお頭」です♪
 
今では(大御所以外は)、歌舞伎界や日舞をされている人にしか、あのような和装のたたずまいは出せないんじゃないかなと思います。
 
ちなみに、私と娘は、テレビは「時代劇専門チャンネル」しか見ないというほどの時代劇ファンです。
 
娘は現役JKですが、江戸っ子好き・元禄文化好きです。( ̄▽ ̄)
 
「時代劇専門チャンネル」では、ここ数か月「鬼平犯科帳祭り」をしているので、鬼平三昧ですよ♪
 
そして、それがとうとうアニメ化されました。

 

スポンサーリンク

本格アニメ時代劇

 
プロデューサーの丸山正雄氏は、時代物は登場人物の所作や言葉遣いなどが現代ものと異なるので、普通のアニメよりずっと時間がかかると言っています。大変そうですね。
 
主な声優は、こちらです。
 
堀内賢雄(平蔵)
朴璐美(おまさ)
浪川大輔(辰蔵)
細谷佳正(粂八)
 
アニメを見る人なら、当然知っているようなラインナップですね。
「粂八(くめはち)」が、かっこよすぎなのでは???

 

スタイリッシュでフレッシュな鬼平!?

 
アニメは全13話です。
第1話は「血頭の丹兵衛」です。
 
『鬼平犯科帳』では、「真の盗人三箇条」(まことのぬすっとさんかじょう)という言葉がよく出てきます。
 
強盗に「真」もなにもあったもんじゃないと思いますけどね。
そして、その掟(おきて)を忠実に守り続けるのが、正真正銘の親分だといいます。
 
盗人のくせに大儀を掲げて正当ぶるところがイラっとくるのですが、ストーリーがうまいので、流されてしまいます。
情に訴える話なので、仕方がありません。
 
でも、お金が有り余る人だって、人の数倍努力して、稼いでいることが多いでしょう。人のお金を盗む行為への、言い訳にしか聞こえません。

アニメの感想

「アニメ鬼平犯科帳」公式ホームページ
 
アニメは、宣伝通り「スタイリッシュでフレッシュ」な仕上がりでした。
 
冒頭から結構、原作に忠実でリアルな感じです。アニメでも、手を抜かない描写がうれしい。
 
鬼平さんが若すぎで、粂八がイケメン(イケボ)すぎて、ドラマとのギャップがかなりあるんですけど、作画はすごいと感じました。
 
特に、たてのシーンが、かっこいいです。あのスピード感やカメラワークは、アニメでならではでしょう。
 
作画の良さが、感じられます。
 
こういう趣向は、普段、時代物に馴染んでいない若い人たちに、関心を広げられる大きなメリットがあります。
 
アニメやゲームの影響は、大きいです。
『戦国バサラ』が歴女ブームに拍車をかけたように、『薄桜鬼』で新選組(幕末)ファンが増えたように、江戸物も人気が出てほしいなと思います。
 
そして、『時代劇』が、復活してほしいです♪
 
 
 
でも、やっぱり原作の小説が一番おもしろいと思います。(´▽`*)
 

スポンサーリンク